« September 2016 | Main | November 2016 »

October 26, 2016

烏丸半島往復44km

S_20161027_8_48_49



今日は100kmは走らねばと思いつつ、仕事や私用などで疲れがたまってきて、おまけに朝は冷え込む様になり、言い訳がいっぱい!出来たので、烏丸半島往復でお茶を濁してきました



と言っても、休憩なしに結構しっかりと走って、上り坂はケイデンス80以下にならぬようにと頑張りました


走ったご褒美は31アイスのレギュラーダブル
運動した後は甘いものが好きなだけ食べれるので、幸せ〜〜〜〜〜!!!

| Comments (0)

October 23, 2016

久しぶりの雲ヶ畑

S_20161023_11_30_02

S_20161023_20_45_10

暑い夏に頑張って登っていたのに、9月の長雨と仕事・私用に追われて朝練に全く参加出来ない日々が続いていました
今日こそはと思ったのですが、今週は水・金曜日は20−22時、土曜日は18−20時と勉強会(講演会)が続いて疲れていて早起きする気力がなく、朝練に間に合わず夫と2人で大遅刻組の自主練してきました
本当は持越峠まで上がりたかったのですが、体調もイマイチで、無理してケガするのも嫌なので雲ヶ畑往復で帰ってきました。
ついこないだまで暖かかったのに、今日は結構寒くて、上りは汗かいて気にならなかったのですが、下りは寒くて寒くて、途中でウィンドブレーカー着てちょうどでした。
帰宅してガーミンみたら、標高差と気温が見事に相関していて、峠は寒いんだと改めて実感しました。

沖縄までに、何とか持越峠登りたいです

| Comments (0)

October 21, 2016

ワンニャン元気です

S_20161019_8_19_14

この夏は越せないんじゃないかと思っていたノコも、毎日250mlの皮下点滴と朝昼夜の注入食で何とかそれなりに元気にしています。毛がすっかり抜けてヘアレスドッグ近い状態になっていますが、自力でヨロヨロと少しは歩けるので、床ずれも現時点ではありません。

S_20161019_17_09_44

ミシュランは元気に「アホリカンバッカースパニエル」の名に恥じない毎日を過ごしています。ノコが弱るまでは、ノコにつっかかっていたのですが、目下の敵?はおとーさん。おとーさんが席を立つとすかさず直ぐに椅子に乗ってしまって、おとーさんが戻っても、頑固にのこうとしません。ホンマにアホなミシュ(笑)

S_20161020_6_26_04_1

S_20161016_6_13_23

ニャンコ達は、寒くなってきたので今まで気楽にあちこちで寝そべっていたのに、マメはネコロンの中で丸くなり、ふうは、布団(毛布)をかけろと要求するし、猫って本当に寒がりで、温度変化に敏感ですね

| Comments (0)

October 12, 2016

瀬田川ぐるりさんぽ道

S_20161012_10_56_31

ツールド沖縄まであと1ヶ月。今日も最低100kmは走らねばならぬのですが、一昨日走ったばかりの身体で走る自信がなかったので、今日は「楽しみ目的のサイクリングをしよう!」と今まで行った事のない瀬田川沿いを走ってみました。
近江大橋の手前で「瀬田の唐橋」を目指して右岸を下ります。
走りかけて目についたのが城跡。何でこんな所にと思って降りて確認したら膳所城の跡でした。膳所にお城があったなんて露知らず、恥ずかしい限りです。

S_20161012_11_02_40_1

S_20161012_11_03_38

石山寺を右手に見ながらどんどん下ります。
いつも北側からしか見ない近江大橋を南側から見るのも不思議な光景です。北側から見るよりも広々とした風景できれいです。
所々狭い所もありますが、きれいな遊歩道を走り、生まれて初めて「瀬田の唐橋」に到着
もっと風情のあるひなびた橋を勝手に想像していたのですが、いかにも人工物という橋で少しがっかりしましたが、記念撮影。

S_20161012_11_15_27

S_20161012_11_13_01

瀬田の唐橋のふもとに「瀬田川ぐるりさんぽ道」と案内図があったので、じゃあ、このまま南郷の洗堰まで行ってみようとさらに南下しました。
いつも走る湖岸道路とはまた違った景色で、お天気もよく、巡航速度も何も気にしないでいいのんびりサイクリングでしたので、本当に楽しくて、こんなサイクリングもたまには息抜きになっていいもんです。

S_20161012_11_36_09

瀬田の唐橋から南郷洗堰まで4kmしかないのですが、きれいに舗装された道で、所々は車道脇の歩道を通らねばならないのですが、案内図もきちんと丁寧に建ててあり、安心してゆっくりと走れます。「さんぽ道」とうたってあるだけあって、自転車で走るよりは、ジョギングで走ると気持ちいいだろうな、という道です。今度は、浜大津に車を停めて、ジョギング出来たらいいなと思います。

S_20161012_11_41_29

S_20161012_11_42_23

あっという間に南郷洗堰に到着して橋を渡り、今度は瀬田川の左岸を近江大橋向かって上ります。左岸沿いの公園から、旧洗堰の遺構を見る事ができました。説明文を読んで、昔は人力で流量を調節していたとしりびっくりしました。荒天の日には多くの人命が犠牲になったのではないでしょうか。そう思うと、胸の痛む景色です。

今日は34kmだけをゆ〜っくりと景色を楽しみながら走ったので、運動したという感じは全くないのですが、こんな息抜きサイクリングもいいもんですね

| Comments (0)

October 10, 2016

久しぶりの100kmライド

S_20161010_10_12_55

暑さと私用で、長距離乗れていなかったので、久しぶりに近江八幡往復してきました
京都から滋賀向いての難点?は、最初と最後に逢坂山を越えねばならぬこと。
わずか5−6%の傾斜しか無いとは言え、90km以上走り、浜大津まで帰って来て「はあ〜これからまだ逢坂山越えなあかんのか・・・」と

S_20161010_10_49_52

毎回思います。遠回りでも平地で帰れる場所があればいいのですが、残念ながらありません。

朝少し遅めの出発でしたが、琵琶湖の景色は緑ではなく、太平洋側のように青みがかった景色で素晴らしい眺めでした。
近江八幡までの往路は、休憩なしに真面目に走り、帰路はのんびり休み休み帰ってきました
近江八幡に入り、大中の干拓地に入ると、真冬の時のような強烈が向かい風に襲われ何をしようが、全く進まず、吹雪の中でスキーをしている時のような気分で、何が悲しくてこんな事しているんだろう・・・と折り返し地点のコンビニまで、泣きそうな気分でペダル回していました

7月からホイールをShamao Ultraに替えて走っていて、今回初めてのロングライドだったのですが、平地巡行は以前のFkucrum Racing Zeroよりは速く走れます。漕ぎ出し少し重いかな?と感じるのですが、慣性重量が大きいのか走り出すと軽い負荷で巡航速度を保つことができます。今日も、割と楽に28〜32km/hで巡行することが出来ました。
これで沖縄で一人旅になっても大丈夫かも?!

| Comments (0)

October 09, 2016

Porsche & ポタリング & 大津祭

S_20161009_11_45_54

S_20161009_12_11_09

連休だ、さあ自転車の練習だ! と思ったものの生憎の雨
午前中に愛車CaymanSの内張りが眼瞼下垂のように垂れてきたので修理にセフティさんへ

久しぶりに運転するポルはステアリングが重い・・・でもやはり地面をしっかり掴んでるグリップ感は気持ちいいなあ〜
セフティさんで、ポルシェのLE MANの写真集(非売品)を見せてもらいました
写真から伝わってくる熱い息づかい・鼓動

S_20161009_12_09_41

S_20161009_12_09_21_1

に圧倒されながら、メカニックチームの人達の凄さに改めて感動しました。

優勝してもどこにも名前も出ないし、誰にも賞賛されないけれども、このメカニックのチームがいなければ、どんな凄腕のドライバーがいても優勝できやしない
シャンパンファイトの影の立役者
ドライバーの命を預かる仕事
惚れ惚れして写真に見入ってました

S_20161009_15_35_29

S_20161009_16_24_41

午後から雨が上がったので、日没までに走れるところまで走ってこようと草津まで37kmライド
行きに大津祭が行われて交通規制されているので、普段と違う道で草津まで走り、帰りはきっともう終っているやろうと甘い予想で浜大津から大津駅前抜けて帰ろうとしたら、曵山がJR大津駅前に集まってお囃子がなっている最中でした。
すぐ近くに住んでいるのに、初めてみる

S_20161009_16_24_49曵山、お囃子にしばらくお上りさんよろしく見入っていました。祇園祭とちがって非常に威勢のいいテンポの速いお囃子で聞いていて、こちらも身体を動かしたくなる様な楽しいお囃子でした。御神輿の行列の中を「通してもらえますか?」とお願いして通り抜けして、無事に帰宅しました。

なかなか密度の濃い1日でした

| Comments (0)

October 02, 2016

自転車 のち 柳和会

S_20161002_8_47_04

9月中旬からずーっと雨続きで、全く自転車に乗れず、かなりハードスケジュールになると覚悟の上で、今日は朝から草津まで大急ぎで往復36.5km走る
しばらく乗ってないので、逢坂山を越えるのに息切れがしてしまう、情けない。
帰帆島北橋あたりで、ようやく少しは脚が回るけど、やはりすぐに息切れしてしまう。
10時には帰宅しないと間に合わないので、烏丸半島目前で引き返す

S_20161002_12_11_53

大急ぎでシャワーして、おべべを着て、髪結いさんへGO
そのままギオンコーナーへ行こうと思ったけど、ちょっと小腹が空いたので、祇園中谷さんで軽くサンドイッチとコーヒーを頂く
中谷さんのサンドイッチは、楽屋見舞いで頂くばかりで、お店で食べるのは実は初めて。やはりサンドイッチは出来たてを頂くのが美味しいな。

S_20161002_13_51_52

花見小路の観光客をかき分けてギオンコーナーにたどりつき、楽屋で順番待って、家元におさらいしてもろてから、客席で古美糸乃師匠社中の皆さんのを聞かしてもらいました。小梅ちゃん、すっかりお姉さんになって上手にお夏唄うてはりました。
さて、うちの出番になって誰かに写真撮ってもらおうと思うたけど、お願いする人が見当たらず、今回は写真なし
弥生会の失態を繰り返さない様に今回はしっかりとお稽古したので「河庄」はちゃんと唄えました。今回音響が以前と少し変わっていて、自分の声がえらいきれいに聞こえたので、上手くなった気分で気持ちよく唄えて楽しかった。

S_20161002_17_51_06

S_20161002_21_07_03

今日のおべべは、袷の小紋の反物を単衣仕立てにしたものに、塩瀬の菊の帯
2年前にこさえたおべべがようやく活躍出来てよかった。写真ではグレーに見えますが、きれいな水色の小紋です
早朝から夕方までハードな1日のご褒美は、「まんさくの花 Y」

お疲れさんどした〜!!!

| Comments (0)

« September 2016 | Main | November 2016 »