« October 2016 | Main | December 2016 »

November 23, 2016

チューリップ球根植え付け

S_20161123_8_51_26_2

例年より遅くなりましたが、今年もチューリップの球根植え付けました

孫娘と一緒に寒風に吹かれながらの作業でした。

孫娘はまだまだ球根が育って花になるとはわかっていませんが、こうして庭いじりして季節毎の作業を覚えて、自然を愛でる人間に育ってほしいと思います。

今年は球根を買い求めた店が例年と異なるので、どんな花が咲くのか不安&楽しみ〜!

| Comments (0)

November 20, 2016

柳美会 2016

S_20161120_8_59_37

S_20161120_11_53_59

15日にツールド沖縄から帰ってきて、17日に大さらい、20日に本番でどうなることかと思いましたが、何とか無事に柳美会を終える事ができました。
唄「二年越し」は木屋町のお稽古場の皆さんに「お稽古の時より、うんとよかったよ」と言うて頂けるほどに唄えたのですが、、二部の三味線「ほうっといて」は稽古不足が如実にでて、きちひろさんに迷惑をかけてしまいました。新年会には、しっかり稽古して雪辱したいと思います。自転車も小唄も、稽古以上の事は、本番では出来ませんね。

S_20161120_14_36_51

今年も柳師会の長老 柳 美代恵師匠が応援出演してくれはりました。美代恵師匠は何と御歳105歳になられるのですが、凛として三味線を暗譜で弾かれます。高齢になられると耳が遠くなり調子がずれる師匠も他派にはおられるのですが、美代恵師匠は全く調子も音程もずれることなく、きっちりと演奏され神業のようです。また美代恵師匠の最古参のお弟子さんは95歳で目がご不自由なのですが、背筋をピンと伸ばしてよく通る声で唄われ、御二人合わせて200歳にはとても見えず、芸に終わりはなく精進あるのみなのですね。

S_20161120_16_46_13

S_20161120_16_48_38_2

二部の終わりには、柳師会の師匠が唄われて、古美糸乃師匠の「浮き世さらさら」、古代和加師匠の「木枯らし」

滅多に聞く機会のない古代和加師匠の艶のあるお声を聞かせて頂き嬉しかったです。

S_20161120_16_52_07

S_20161120_16_54_07

そして締めは家元の「梅にうぐいす」

三三七拍子で打って終演

もっともっと精進せなアカンと思うた柳美会でした


| Comments (0)

November 14, 2016

沖縄 Ritz

S_20161111_21_02_14_2

リゾートではゆったりと過ごすのが好きな夫のおかげでツールド沖縄の時は毎年沖縄Ritzを常宿とさせてもらっています。Mauiでもそうでしたが、Ritzは2回目滞在から「Welcomeback!」とメッセージをくれはるので、えっ?!と驚き半分・嬉しさ倍増のホテルです。沖縄Ritzのいいところは、人がロビーやラウンジは人が少なくて非常に落ち着いているのに、スタッフは細かに気を配っていてくれて、どうしようかと迷った時には素早く駆け寄って声をかけてくれたり、客に負担をかけない気配りがあるところです。私達夫婦は人の多い所や、あれこれ過剰にサービスされる所が苦手で、つかず離れずのRitzのホスピタリティは本当に寛げるので嬉しいです。

S_20161112_7_03_19

S_20161112_7_03_31_2

今年は最上階7階の海側の部屋で、名護湾を一望に眺めながらゆっくりと滞在させて頂きました。朝焼け、夕焼け、どちらも優劣つけられない見事な景色を楽しみました。目の前に広がるゴルフコースはMauiのRitzと同じ雰囲気で、懐かしい既視感です。

S_20161113_9_54_34

朝食は例年のようにテラス席で取りました。皆さんどうして屋内で取られるのか理解に苦しむのですが、名護湾からの風を肌で感じなが
らの朝食は最高です。今年も、レース本番終了後大急ぎで帰って朝食をとりました。今年は昨年・一昨年に比して必死に走ったので、さすがに食欲があまりなく、果物等のみゆっくり頂きました。

S_20161112_8_07_25

S_20161113_10_42_01

今年の朝食の目玉?!は、この数年気になっていて注文しなかった「カフェオレ」です 
沖縄Ritzのカフェオレは、温めたミルクのグラスに、小さなグラスに入ったエスプレッソを目の前で注いで作ってくれはるのです。ミルクたっぷりのカフェオレ好きの私にとっては最高のご馳走です
レースで帰室が遅れて、掃除が始まっていたので、ライブラリーで本を読みながら時間を過ごしました。ゴルフや写真集だけではなく、沖縄戦・沖縄の歴史の本が多数あり、第二次世界大戦の時の沖縄の凄絶な歴史を忘れてはならないのだと、改めて思いました

| Comments (0)

November 13, 2016

美味しいものいっぱい @ 沖縄 名護曲

S_20161112_18_29_58

過去4年間連続で沖縄に行きながら、沖縄って美味しいもんないなぁ〜と失礼極まる発言をしていましたが、沖縄って美味しいもんだらけ!

関西でもそうですが、美味しいものを食べれるお店と言うのは、見かけはあまり小ぎれいではなくて、こんな所で(失礼!)ええもん食べれるんかいな?!と思うお店が実は鮮度のいい美味しいものが食べれるんですよね

常宿にしている沖縄Ritzから車ですぐの「名護曲(なごまぐい)」がまさしくそのお店でした
数年前に打ち上げで行ったはずなのに全くわかっていませんでした。
知人のNさんに、入って右手のカウンターを予約して、地元の魚で握ってと予約を入れるといいですよ、と教えてもらい、その通りに予約して伺いました

S_20161112_17_43_51

S_20161112_17_44_58

お世辞にもきれいとは言えない色んな物が積み上げてあるカウンターのケースの中には見た事のないネタがいっぱい!
今日の地元産のネタは左上から時計回りに「イカ・はまだい・あおだい・まぐろ・ふえふきだい・ぶだい・たこ」
「たい」と名前はついていても、どれも真鯛とは違って非常にあっさりとしていて、鱸に似た味わいでありながら食感(texture)は鯛とも鱸とも異なりコクのある美味しい魚でした。

どんな魚なんかなぁ〜と夫とコソコソ話していただ、ご主人が魚の図表を出してきてくれはって、またまた感激!

S_20161112_17_49_00

S_20161112_18_17_30

これだけのお寿司では足りないので、「ミーバイ汁」と「へちまのチャンプルー」をお願いしました。ミーバイというのはクエの仲間だそうですが、大きな丼に入って出てきたミーバイ汁は薄味ながらしっかりと魚の出汁がでていて、ミーバイの身は皮と白身の間にゼラチン質の薄い層があり、魚の皮が嫌いな私が全部がっついて食べてしまう程の美味しさでした。

ヘチマのチャンプルーも生まれて初めて食べたのですが、ご主人が「茄子感覚」と言うてはったように、茄子のような柔らかさと夫曰くナタデココに似たツルンとした食感があり、これまた感激して舐める様にきれいに頂きました。

S_20161113_18_16_02

土曜日にしっかりとご馳走になりながら、翌日またレースの打ち上げで皆と伺い、天ぷらや地元の魚の刺身やらい〜〜〜〜っぱいご馳走になりました

本当にありがとうございました

沖縄料理最高です!

来年も来れるといいな、出来れば孫達連れて

| Comments (0)

ツールド沖縄 結果

S_20161113_8_59_13

2012 1:49:35.755 67位/106

2013 1:50:24.234 77位/119

2014 1:56:22.212 92位/125

2015 1:56:00.304 82位/120

2016 1:49:32.283 96位130

今年はエントリーする時点で、認知症が進んで夫婦で住む事が困難になった両親を京都に移す準備等で全く気合いが入らず、行きたくないなぁ〜と思いながらエントリーしたツールド沖縄でした


S_20161112_15_11_03

S_20161113_8_58_54

結果は

59歳で過去最高記録
この5年間で16分もタイムアップしたダンナとは比べもんにならへんけど、加齢に抗して頑張ってると自分を褒めたいと思います

今年は、朝練仲間がたくさん参加して、女子は私を含めて4人が50km走りました。今年は頑張らねば、今後朝練参加させてもらえへんかもしれんという危機感もあり、去年・一昨年と一人旅になってからプチンと気持ちが途切れて失速していたのを、今年は何とか気持ちが途切れず最後のスプリントまで走り切ることが出来ました

まりちゃん、Ryoさん、直前試走ありがとう!

朝練で遅い婆を見捨てずに一緒に走ってくれはる仲間に心から感謝!

来年はマスターズに還暦で再挑戦します!

| Comments (0)

« October 2016 | Main | December 2016 »