« May 2017 | Main | July 2017 »

June 30, 2017

夫婦ツーリング to 賢島(5/31-6/1)

S_20170531_15_18_03

Simg_4076

どんだけ遊ぶねん!と石を投げられそうですが

去年のThe Earth以来ほぼ1年ぶりの車での夫婦ツーリング

1泊2日で賢島まで走ってきました

夫が以前から興味があったホテル「The Hiramatsu 賢島」を私の一生に一回の特別な誕生日なのを口実に?!予約してくれました。
英虞湾を望むゆったりした部屋で、The Erathと同じように、大きなお風呂(温泉)付きです

Simg_4080

Simg_4082

チェックインが済んで部屋に入ってしばらくすると、ハーブティーとチョコ&フルーツがウェルカムドリンクとして運ばれてきました。それぞれのフルーツに合わせたチョコトリュフでチョコレート好きの私にとしては嬉しい限りです。
おいしいチョコを思わずパクパクっと頂いてから、お茶を持ってテラスで持参した色鉛筆でスケッチしながら備忘録をあれこれと。海を見ながら風に吹かれて、香り高いハーブティーを頂いていると何だか自分がドラマの主人公になったような気分になります。

Simg_4087

Simg_4097

お風呂で汗を流して、紺色のレースのワンピに着替えて、さてさて楽しみの夕食へ

レストランに案内されるのかと思ったらこじんまりした個室でした
よくあるテーブルの上に置かれた小さなキャンドルではなく背丈のあるキャンドルが置かれ、キャンドル越しに暮れ行く空と海を眺めながらの食事でした。

S_20170531_18_22_16_2

Simg_4115_3

料理は、どれもこれも本当に素晴らしく感動しました。
枝豆の茎と見まごうような、枝豆のグリッシーニ の前菜に始まり、食べ慣れた食材が全く見た事のない料理として登場し、意表をつく仕掛けがありながら、奇をてらう訳でもなく、次はどんな料理が出て来るのだろうと、ワクワクさせられる食事でした。オーソドックスで素材の旨みを存分に引き出していて、尚かつexcitingという素晴らしい料理でした。
一皿一皿ご紹介したいのですが、拙い言葉では到底表せないので、是非訪れてみて下さい。

Simg_4111_2

サービスのタイミング、話術も洗練されていて、心から寛いで食事をさせて頂きました。
食事の最後の方になってから、サービスしてくれてはるのが、ホテルの支配人と聞いてびっくり仰天! シェフも挨拶に来てくれはり、本当にホスピタリティにあふれた時間を過ごさせてもらいました。

部屋に戻ってみると、テラスにファイプレースが点いていました。
昼間にノートを書いている時に、これ何なんだろう?と不思議に思っていたガラスの囲いはこれでした。

S_20170601_7_56_45

Simg_4143

朝食も夕食と同じく、個室でゆっくりと食べきれない様なご馳走を頂きました。

ホテル随所に飾られた草間彌生の作品も素晴らしかったです。

S_20170601_8_55_17

実は、草間彌生の作品を実物で見るのは初めてで、カボチャのモチーフ以外の作品が多くあり、興味深く見せてもらいました。これだけの作品をそろえるのは大変だろうなあ、と支配人の方にお尋ねるると、「ひらまつ」のオーナーのお兄様が画廊をされている関係で手に入れられたそうです。

私が1番いいなと感じたのは赤と白の2色で描かれた「帽子」という作品です。たった2色だけなのに、夏の避暑地で楽しそうに歩いている少女が脳裏にぱっと浮かんでくる作品でした。

S_20170601_8_57_22

Simg_4145

チェックアウトの時には、シェフまでフロントに出て来てくれはり、車の話や鈴鹿8耐の話をしたり、昔からの常宿にいるような、とても初めてとは思えない心から寛げる、評判を裏切らない、期待をはるかに超えた素晴らしいホテルでした。

帰り道は志摩半島をくるっと回って帰路につきました。

夫婦であと何回ツーリング出来るかな?by car

| Comments (0)

June 16, 2017

サマーセーター完成

S_20170616_12_41_37

S_20170620_21_31_59

孫が出来てからは、ずーっと孫達のための編み物、縫い物だったのですが、ふっと目にした雑誌のサマーセーターがあまりに素敵だったので、これは作りたい!と2月末に糸を手に入れて、チクチク編み編みと少しずつ編んでいました。

実は、半分くらい編んだ時に、とんでもない間違いに気付いて、かなりほどかねばならぬ事態になり、ちょっと編む気が失せて休憩していたので、時間がかかりましたが、ようやく完成
ラメが適度に入って、上品で、やっぱり手編みのものはええなあと再認識
流行に関係なく、長く着れますし、もう数枚ボチボチと自分のためのサマーセーターを作ろうと思っています

| Comments (0)

June 14, 2017

花より団子

S_20170614_11_53_42

S_20170614_11_53_07

チューリップが咲いた後、今年は夏の花を咲かせて華やかな花壇にしようかと考えていたら、孫息子が「たくさん暑くなって、プールして、そしたらお芋掘りするんで〜」と芋掘りを当然の行事に思っているようすなので、今年も花壇が芋畑になってしまいました

4月30日に芋苗を10本植え付け、7−8割生着したらええかと思っていたら、丈夫な苗だったのか10本全て育っています。
甘い大きなお芋が出来ますように!
また孫達がプール遊びのついでにトマトを摘んでかじれるようにと、3鉢異なる種類のミニトマトを植えました。今年は、なぜかどの苗もスクスクと育ってたくさん実がなっています
最近の苗は、特に手をかけなくても甘いトマトが採れるのでありがたいです。ただ皮が硬いのが難点ですが、お日様の香りいっぱいの摘みたてトマトは最高のご馳走です

| Comments (0)

June 11, 2017

久しぶりの雲ヶ畑朝練

S_20170611_8_39_13

S_20170611_10_24_15

冬の間もずーっとサボっていた朝練に久しぶりに参加しました
サボっている間にチームもStella Silbestが終了し、VC VELOCE prossimoとなり、新しいジャージでの初朝練

でも、練習不足は正直で、雲ヶ畑上がるのも大変で、持越峠は、上がりきれず足をついてしまい、押してあがるという情けない状態でした。京見峠でも、皆を長時間待たせてしまい、けん坊さんが心配して見に来てくれはりました
皆さん ご迷惑かけて本当にごめんなさい
頑張って練習します

朝練解散後、帰り道に北山の進々堂で休憩&足攣り予防ドーピング
おかげで何とか家まで足が攣らずに帰れました

| Comments (0)

June 04, 2017

梅酒作り

S_20170604_17_16_13

今年も梅酒を漬ける季節になりました
去年はラム酒とホワイトリカーと2瓶作り、今年も同じように2瓶漬けました。去年と違うのは、ラム酒の方を氷砂糖だけでなく、沖縄の黒糖を半分混ぜたこと
どんな味に仕上がるか、ちょっと不安で、かなり楽しみ
今年もちゃんとミシュランが手伝いに?来てくれました

| Comments (0)

« May 2017 | Main | July 2017 »