« 蝉しぐれ | Main | 志野流 香道の作法はじめ »

July 21, 2017

2017 祇園祭 後祭

S

S_20170721_13_39_29

今年の祇園祭は、先祭の宵々山〜巡行が土曜〜祝日という、とんでもない曜日に当たっていたので、10日過ぎてからは、鉾町周辺はおろか、高島屋さん周辺にも近づかずにおとなしく?しておりました。鉾建てだけは見に行こうかと思ったのですが、小唄のお稽古に重なったので断念。
去年と同じく、今年も厄除ちまきを求めて、後祭の山鉾見物にダッシュで行ってきました。

S_20170721_13_44_59

S_20170721_13_45_43_2

昼休みの1時間ほどの間に、往復時間も含めて見て回るので、いささか無理があるものの、今年は、黒主山と鯉山の山飾り、ご神体と拝観できたので、大満足です。

自転車で仕事場を飛び出して、まずは高辻新町まで行き「大船鉾」を横から眺めながら、新町を上がり四条通りを渡り、「南観音山」「北観音山」「八幡山」を順に見て、三条通りを東に行き、室町通を下がります。
すぐに目に入って来るのが「黒主山

S_20170721_13_47_23_2

S_20170721_15_13_16

鉾ではなく、山なので、そんなに大きくないのですが、黒塗りの船のような形に組んだ枠組の中に置かれているので、黒船のような感じがします。今年はご神体「大伴黒主」と山飾りも見てきました。桜を仰ぎ見ている「黒主さん」は首が痛くならないのかなと心配に思う位、上を見てはりました。今春の関西小唄連盟の「弥生会」で喜撰法師を唄い、その歌詞の中に「・・・遍昭 康秀、業平さんに黒主さん、色と唄との掛け合いで・・・」という文句があり、今年の厄除ちまきは「黒主さん」に春から決めていたので、ご神体を拝観出来て本当によかったです。黒主山の厄除ちまきは桜の造花が付いています。

S_20170721_13_50_40

S_20170721_13_56_55

黒主さんの後は、そのまま南へ下り「鯉山」
小さな山で、巡行の時以外は、鯉も載っていないので、通り過ぎようとしたら、「本日山飾り公開中」とあったので、こんな機会を逃してはならじと飛び込みました。一番奥でろうろくを供えから、鯉山飾りを初めて見ました。予想していたよりも大きな鯉とタペストリーが飾られていました。

S_20170721_13_54_24

S_20170721_17_39_29

鯉山のタペストリーのように、祇園祭の山鉾に、日本文化とは全く関係のないヨーロッパの調度品が何で飾られるようになったのか、毎年見る度に不思議に思います。
橋弁慶山とか、他にも色々見たかったけど、時間がなくて、永楽屋さんで、鯉山のみかさを買って大急ぎで仕事場に戻りました。
来年は、どこの山飾りを見れるでしょうか?
やはり鉾建てを見ないとつまらないなあと改めて思った山鉾見物でした。

« 蝉しぐれ | Main | 志野流 香道の作法はじめ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« 蝉しぐれ | Main | 志野流 香道の作法はじめ »