« July 2017 | Main | September 2017 »

August 07, 2017

七夕香 (星合香・白雨香)

Simg_4650

Simg_4648

とっても優雅な落ち着いた時間と空間に身をゆだねてきました
外は台風で大雨・暴風警報が出ていると言うのに、香席の部屋は雨音も聞こえず、しんと静まりかえり別世界でした。
床の間には七夕香のための特別な飾りがしてあります
笹の葉、お供え物、糸巻、箏、そして梶の葉
糸巻きと箏は特別に作成してもらったものだそうで、お琴はちゃんと弾くと音がなるようになっています。
七夕香の飾り物で一番大事なのは「梶の葉」
短冊に願い事を書くのは最近の話で、奈良時代の頃から、里芋の葉に溜まったつゆで墨をすり、梶の葉の裏に和歌をしたためて祀っていたそうです。最近は梶の葉がなかなか見つからず、円山公園の長楽館の近くまで探しに行ってきたのよ、と主催(亭主)のそのさんが言われてました。
無知無学な私は、この席で初めて「梶の葉」の本物を見て、由来を知った次第で本当に恥ずかしい限りです。

Simg_0195

Simg_0196

今日は、亭主のそのさんを含め、6人で「星合香」「白雨香」の組み香です。

「星合香」の灰手前は、もとさん、執筆は、そのさん
まず「牽牛」の香を聞き、その後で「織女」の香を聞きます。

Simg_4637_2

Simg_4644_2

聞香は「三息」 

三度しか聞く事は許されず、吸った息はそっと下座(私の場合 左側)に吐き出します。(床の間の前の正客のみ右側へ) 
一つの香を3回聞いて記憶せよと言われても、この2つだけでも、どう違うのか、どうやって記憶しておこうかと混乱してしまいます。
香りの記憶というのは本当に難しいです
普段慣れている香りなら、微妙な差も判るのでしょうが、非常に淡い繊細な香が今回で2回目の私には差異がわかりません。鼻腔の奥に残った甘さ・苦さを頼りに、これが牽牛かなと思っては、次の香を聞いて迷ってしまったりしました。

Simg_4647_2

この後、7つの香を順に聞いていき、何番目が牽牛か織女かを記紙に書いて提出します。
書くのは机の上に置いてではなく、手にもって細筆で書くのですが、これまた私には困難な作業です。
盆に順に記紙をのせて回していき、皆のが執筆の方の所で揃った所で、開封し、答えを大きな記録紙に書きます。
星合香の答え合わせの時に、私は牽牛と織女の香を逆に記憶していた事がわかり、茫然自失・・・

Simg_4654_5

最高得点の人が、この記録紙を頂き持ち帰る事が出来ます。
星合香は、ちよさん、白雨香は、はるみさんが最高点でした。
星合香が終わり、休憩かな?と思ったのは私の浅はかさで、すぐに続いて白雨香
「白雨香」の灰手前は、はるみさん、執筆はのりさん
白雨香は星合香とは、違った当て物というかクイズで
次に、雨を試香し、雨2包雷3包を繰ってその中から3つを焚き聞香します。最初は、日、雲を試香し、灰手前の人が日・雲の香を2包ずつ繰った順に焚き、連衆は聞香する4つの香を日・雲どちらかを書きます。日日雲雲 あるいは 雲日日雲のように
つまり聞香の時には、試香していない雷ばかり3つ聞くかもしれないし、雨2つ雷ひとつかもしれない。
手記録には、日・雲・雨・雷を自分がこれと思った通りにその名を書いていきます。
正直、私はさっぱり判りませんでした。
組香2つで3時間近くかかり、少々くたびれた私に、さらなる難題が!
手元に短冊が配られて、短歌を書けと・・・
もちろん手記録と同じ様に、短冊を左手に持ち宙に浮かせた状態で、書かねばなりません。書いた後は、正客から順に読み上げて皆が読み終わったら、笹の葉に片結びで結びつけました。
これで、ようやく七夕香終了です

Simg_4656

Simg_4651

その後は、そのさんが毎年七夕香に出される、おそうめんを頂きました
象彦さんの特製の平鉢に、青竹を入れ、その中におそうめんが入っています
青竹は、日が経つと色が変わるので、七夕香の日に合わせて竹屋さんで切ってもらうそうです。お手間尽くしの美味しい出汁のおそうめんと水羊羹を頂き、初めての香席での緊張も少し和らぎました。
初めての香席でしたが、こんな空間、こんな時間の流れがあるのかと、新鮮で感激しました
次は、年末の「歳暮香」です
それまでに、一度はお稽古に寄せて頂き、香にもっと慣れ親しみたいと思います
日本に生まれてよかったと思ったひとときでした。

| Comments (0)

August 05, 2017

志野流 香道の作法はじめ

S_20170805_20_49_39

鼻腔・咽頭の奥に香りが残っている間に、今日の教えて頂いた事を書き留めておかねば

今日は生まれて初めて香道の作法の手ほどきをして頂きました。

実は、来週の「七夕香」にお招き頂き、香道の所作を全く知らないまま参加させて頂くのはご出席の皆様に迷惑をかけるので、聞香の所作だけでも事前に教えて頂けないかとお願いして叶ったお稽古です。

S_20170805_13_41_28

「何から説明したらいいかしらねえ」と言いながら、まずは道具の説明をして頂きました。
(聞き)香炉、火道具、重硯
火道具入れは今回のような簡単な手ほどきの場合のみだそうです。
  火筋(こじ)・灰押・羽箒・銀葉挟・香匙・香箸が入っています
重硯も、今回は墨・硯を使わずに筆ペンで略式にしてくれはりました

S

まずは「灰手前」のやり方から
火筋を手に持ち、たどんを中心に置きます(埋め過ぎぬように、この位と見本を見せてもらう)
次に火筋を一番手前に置いて香炉を反時計周りに回しながら、灰をたどんに向けてかき上げる。この時に右手は動かしてはダメなのですが、私は香炉を回さずに、右手を動かしてしまい、何度も注意されました
次に、灰押を9時の位置置いて、そっと押さえて山の形に整えます。この時も右手は9時の位置に保ち、香炉を回すのですが、またしても右手を動かしそうになる私
次に、この出来た山に火筋で箸目をつけていきます。同じく9時の位置から12時に向かって10本の箸目をつけ、香炉を回して、5つの箸目をつけます。(私は、目測を誤って、6等分になり最後の箸目がやたら大きくなりました)
そして火筋1本で中心にたどんまでの穴を開けます。
銀葉挟で銀葉の右下隅をつまんで、香炉の中心にのせて軽くおさえます
香匙を右手で握って、香包を取り、両手で挟んで反らせて後ろ側の封をあけ、左手のひらにのせて、左親指で畳んであるところを開き、香匙で香木を取り、包みを脇に置いて、左手を右手に添えて銀葉に香木をそっとのせる
香炉を右手で取り、左手掌にのせ、左親指を縁にかけて、その親指を挟む様に右手で香炉を覆い親指と人差し指の間の空間から香を聞く
聞香の時は、背筋を伸ばし、両肘を120度近くに開く。両脇を閉じてはダメ
初めての聞香にワクワクドキドキして、どんな香りがするのだろうと聞いてみると
??? 
匂いがあまりしない・・・私の鼻がおかしい???
予想していたのとは、全く違う、今までに経験したことのない、非常に繊細な香りでした。
これが牽牛、これが織女、覚えておいて下さいね、と言われても、どう違うのか、何となく違う気がするけれども、香木を焚いた香りを初めて経験する身には違いがわからない。
今回3つの香りを用意してもらい、牽牛・織女・星で星は5つあり、合計7つの香包を聞いて、最初に聞いた牽牛・織女が7つのうちのどれかを当てねばなりません。

S_20170805_17_28_16

7つのうち3つ目あたりから、ようやく香木の匂いがわかりはじめ、香りを吸い込むのも胸式呼吸ではなく腹式呼吸でゆっくりと吸って、鼻腔・咽頭に閉じ込めた方が何となくわかる気がして、以後ゆったり複式呼吸で聞きました。
作法の手ほどきだけなのに、記録紙も用意して頂き(通常の半分の大きさだそうです)、記念にと頂きました
さてさて、来週の七夕香、無事に聞香できるのでしょうか?
聞香の後に、短歌か俳句を短冊に書いてもらって飾りますよ、と言われたのですが手記録紙を手にもって名前を書くだけでも大変だったのに、短冊を手に持って筆で書けと言われても、書けるとは到底思えないのですが、書かねばなりませんね
まずは歌を考えなくては・・・

| Comments (0)

« July 2017 | Main | September 2017 »