ゴルフ

August 28, 2016

秋の気配

S_20160828_16_21_40

今日は月例のK会コンペ
台風10号が接近していて暴風雨の中のゴルフと覚悟して出かけたのに、皆さんの普段の行いがいいのか、照らず降らず、時折細かい小雨がシャワーのようにふりかかるだけで、快適にラウンドすることが出来、本当に有難いと感謝
8月の猛暑日がすでに23日と観測史上記録更新しているけれど、ラウンドしていると、もうイガ栗が風に吹かれて落ちていました
まだまだ青いけれど、玄関に飾ると秋の風情
早く涼しくな〜れ!

| Comments (0)

June 19, 2016

久々にゴルフの練習

S_20160619_10_17_56

女は飛距離だ!

男性陣と同じティーから打って1Wは、あまり遅れない距離まで飛ぶのですが、100Yを切ってから、方向も距離もバラバラ、ボロボロなのが私のゴルフです
ドライバーが200y近く飛んでも、110以上叩くのが日常茶飯事では、情けなくて恥ずかしいのでアプローチの練習に来ました
キャディバッグ持ってくると、あれこれ打ちたくなるので、9Iとウェッジ(52、56)のみ持って練習です。打ちっぱなしで、そうかこんな風に振ればいいのかとわかっても、コースに出れば、ライも斜面もそれぞれに違うので、やはり現場でひとつひとつ覚えていくしかないですね
7月のクラブ競技で、ちょっとはまともなゴルフをしたいです

| Comments (0)

June 08, 2016

パン食べライド

S_20160608_13_49_34_2

S_20160608_14_14_08_3

今日は彦根のジュブリルタン のパンを食べに往復100kmライド

焼きたての美味しいデニッシュを食べて、今日はバックパックを背負ってきたので家に持ち帰るパンも買い込みました。
琵琶湖北湖の景色は、やっぱりきれいやな〜と思いながら走っていたら、85kmの時点で後輪がパンク

S_20160608_17_29_15

パンク修理を試みるもボンベも忘れ、何よりもタイヤをホイールから外す事ができず、日が暮れて行く湖岸で1時間以上、独りで四苦八苦していると、このまま帰れなくなるような気分になりパニック発作を起しそうになっていると、車を取りに戻ってくれた夫が回収に来てくれました。

自転車積み込んで、これで帰れると車に乗ってホッとしたら、なぜか涙がこぼれてしまいました

一人で走ってたらどうなっていたやら・・・
まずは家でチューブ交換を完璧に出来るようにならなくては

| Comments (0)

July 20, 2015

2015青天竜王杯

S1

昨日の小雨まじりの天気とうってかわってスッキリと、いえギラつくような夏の空になりました。

今年もホームコースの名神竜王CCの青天竜王杯に先輩のT先生と一緒に回らせて頂きました。全然練習していないので、ボールはあちらこちらに飛んで、久々にたくさんボールをなくしました。朝一番のスタートで前半は苦無く回れましたが、後半からは気温も高くなり照りつける陽射しも強く風もなく、最後3ホール程は辛かったです。

S5

昨日の筋肉疲労も重なって、階段昇降がつらかったので、帰宅してからは芍薬甘草湯を混ぜたスペシャルプロテインドリンクを飲んでいました。
 自転車もゴルフも、何とかもう少し上手になりたいと思った夏の連休でした

| Comments (0)

March 15, 2015

ヘボゴルフの楽しみ

S_20150315_8_59_15

月に1回ラウンドするかしないかの私のヘボゴルフでは、スコアをまとめるとかハンディキャップを下げるなんて事は望むべくもなく、ボールの行方はボールに聞いてくれというひどい状態です。
そんなゴルフで、私の楽しみは「女は飛距離だ!」(笑)と、予想外にいい所に転がってくれるギャンブルのような偶然です。
練習をしていないので、最近はあまり飛びませんが、今日は久々に200y越えのドライバーショットが出たので大満足。
レディースティーから打ってもレギュラーティーか打っても、私のレベルではスコアはほとんど変わらないので、飛ばす楽しみのあるレギュラーティーから回ります。

S_20150315_12_42_32

写真の15番ホールは、結構な打ち下ろしの気持ちのいいロングホールです。レディースティーは平地の場所からになり、打ち下ろしの醍醐味がなくなってしまうので、ここはグリーンまでの距離が長くなっても、レギュラーティーから打つのが面白いです!

| Comments (0)

February 22, 2015

3ヶ月ぶりのゴルフ 

S_20150228_19_03_18

11月から丸3ヶ月ぶりのゴルフをしてきました。月例のK会。クラブの振り方も忘れてボールに当たらないんじゃないかと思っていたのですが、どうせ当たらないと力が抜けていたのか、
予想以上に調子良く回れて、ゴルフは練習しない方がいいのかも〜なんて都合のいい事を考えていました。
途中で、どんなスウィングしているのか確かめようとiPhoneで連写してもらったら、テイクバックからインパクトまでは、い

S_20150228_19_07_11

いのですが、インパクトしたら直ぐに上体の前傾がほどけてしまっています。だからフォローになると上体が突っ込んだような不自然なひどい姿。。。
前傾を保ちながらフォローにもっていく、言葉で表すと感嘆ですが、なかなか難しいですね。
メディシンボールとか、クラブ以外の物を使って前傾を保つ練習をしようと思います。腹筋が弱いのも一因だと思いますが

| Comments (2)

November 24, 2014

紅葉狩り

Sg11

もう少し練習すればいいのですが、脈絡なくいろんな事をしたがる私なので、ゴルフは、ホームコースで開催される月例のK会に参加するのがやっとです。月1回のゴルフなので、もちろん上達するなんて望むべくもありません。五十肩の痛みから解放されてクラブが振れるようになったのが4月からで、先月にようやく調子が取り戻せたかと思ったら、今回はひどいゴルフになりました。

Sg2

でもヘボゴルファーの楽しみは、スコアではないので、今日は京都市内よりも色づいた紅葉狩りを楽しむ事が出来て大満足!

来月からは、グリーンに霜がおりて、身体も回らず、もっとひどいゴルフになりそうなので、年内に一度はラウンドレッスン受けようと考えています。
ホームコースでラウンドレッスンを受けられるので、本当に有難いです。コーチの教え方もとても上手で大好きなのですが、とても厳しいのが有難くて辛い。。。

| Comments (0)

August 20, 2014

何とかの冷や水 at the height of summer

S_4

子供達やお客様がそれぞれ帰って、お盆休みの最後17日は月例のコンペでした。
 16日は五山送り火が出来るのだろうかと思うほどの大雨だったので、翌日のゴルフ場は、水たまりがあちらこちらに。かんかん照りより、曇りで幸いとスタートしたのですが、2ホール目位で汗が止まらず流れる状態で、自分では感じていないのに体調不良かと思ったら、湿度が高すぎて汗が蒸発しなかっただけのようです。こんな状態になると、気温があまり高くなくても身体に熱がこもり軽い熱中症になっていたようで、ホールアウトしたら、晴天の日よりも身体がズシンと重くて疲れていました。曇りと油断して、水分の摂取量も晴天の日より少なかったのも一因だと思います。
 10月に関西シニアゴルフ選手権が行われるので、ラフの芝生を伸ばしてあり、フェアウェイキープなんて出来ない私は、ラフに四苦八苦して、散々なスコアになりました。
でも6番ホールで、久々にドライバーが当たって240yちょっと飛んだので大満足! ゴルフは上がってなんぼですが、下手な私は飛んだら満足です。証拠写真を撮ったのですが、ボールが見えない写真で証拠になっていません。(笑)

Simg_4618

Simg_4621

20日は久しぶりに自転車。歯医者さんの予約時間まで2時間ほどだけ走ろうと草津烏丸半島まで走りました。気温は高いけれども、空の色はすっかり秋の色。蓮の花が、まだ少し残っていたのには驚きました。ガリガリ君休憩して、帰路を走っていたら、全然脚が回せず夫との距離がどんどん広がるし、何で走れへんのかな、もう沖縄も応援にだけ行く事にしようか・・・等々気持ちがどんどん落ち込んで、心身ともによれよれで浜大津まで 辿り着き、ふと見つけた水栓に誘われヘルメット外して頭から水かぶったら…あれ?少し楽?ひょつとして?と手持ちの黒糖やバーをかじったら、あれ不思議。身体が軽くなった!どうやら熱中症・低血糖に気付かず走っていたようです。40kmちょいやし、水だけ補給してたらええかと思っていたのが間違いのようでした。日曜日に続いて、またも熱中症(&低血糖)。
何とかの冷や水と言われそうです。

| Comments (0)

July 21, 2014

青天竜王杯2014

Simg_4506

Simg_4507

昨夏から五十肩が悪化して、昨秋から今春までゴルフが出来ず、月例コンペにも半年以上欠席していました。いつになったらゴルフ出来るかなあと思っていた矢先、Whistlerで派手に転倒して左肩の拳上外旋を強制され、その時は激痛が走ったものの、以後スッキリと動くようになり4月からゴルフに復帰しました。とは言うものの、自転車、小唄と脈絡なくいろんな事をしたい私なので、ゴルフの練習は全くせずに月例コンペに復帰しただけですので、4月、5月は、これでゴルフと言えるか?!というような酷い状態でした。昔は、こんな大叩きが続くと、もうゴルフなんか面白くないからやめるっ!と自棄をおこしていたのですが、半年間休むとゴルフ出来る事が嬉しくて、いくら叩いても苦にならず楽しく回れるのが不思議です。

Ssimg_4508

Simg_4509_2

今日は年に1回のホームコースのお祭りコンペに、先輩のT先生に誘って頂き、大先輩2人と私ら夫婦で楽しくラウンドさせて頂きました。
早めのスタートとはいえ、途中休憩が長く、昼からはホール移動中は凍ったボトルを首に突っ込んだりして、熱中症予防に心がけたのですが、それでも暑かったです。
参加賞に大好物のたねやのバームクーヘンももらって、とっても楽しい1日を過ごさせて頂きました。
次回のコンペは8月10日、それまでにもう少しアプローチを練習しておきたいと思います

| Comments (0)

November 19, 2013

ツールド沖縄2013 滞在&遊び編

Simg_3180

Simg_3182_3

今年もツールド沖縄の間は、リッツカールトン沖縄に滞在しました。自転車仲間と同じ、かりゆしビーチリゾートに滞在しようかと迷ったのですが、先の短い年寄りなのでちょっと贅沢させてもらいました。
リッツらしく、予約していた部屋にはwelcome cardとwelcome fruitが置いてあり、ホテルの商売とはいえ
「Welcome Back!」の言葉は嬉しいです。

 

Simg_3183

Simg_3189

沖縄のリッツのサービスは、細かく気配りされているけれど、出過ぎず、、馬鹿丁寧過ぎず、放っておいてくれるという私達の好みに合い、また来ようと思わせるホテルです。いくら豪華なホテルで、丁寧なサービスでも個人的に合わない事もあるので、ホスピタリティというのは難しいもんだなあと思います。

Simg_3186

滞在した8〜13日の間、最初の3日間は暖かかったので朝食はテラス席で食べる事が出来たので、Kapaluaのリッツに戻ったような懐かしくて楽しい気持ちで朝食を頂きました。

Simg_3224

Simg_3223

そして10日のレース終了後は、ホテルに戻って朝食を取り、再びフィニッシュ地点に行って仲間のゴールを迎えた後、またホテルに戻ってアフタヌーンティーを満喫!

ツールド沖縄前1ヶ月間は仲間との約束で禁酒していたので、久々のお酒、それもシャンパーニュは美味しい!!!

Simg_3241

昨年ゴルフ場の真ん中に滞在しながら急いで帰ったので、今年はツールド沖縄終了後ゴルフを2日間しようと休みをゆっくり取りました。ホテルの窓の前にショートホールがあり、その向こうに海が見えて、まさにKapaluaと同じ景色です。喜瀬CCは、ラフもOBもあまりなく楽しそうなコースなのですが、左肩(五十肩)の痛みが強くて、1日目の途中でプレーを諦めてしまいました。ゴルフを楽しみにしていた夫に申し訳なかったです。

 ツールド沖縄の2日間は最低気温が22~23℃、最高気温が28~30℃だったのに、11日からは最高気温が21℃未満と急激な気温差にちょっとびっくり。沖縄の秋は、こんな風に晴れると暑いけれども曇った昼間や朝夕は肌寒いと教えてもらいました。

Simg_3257

Simg_3282

Simg_3283

                                                    12日は、予定していたゴルフをキャンセルして、以前から走ってみたかった古宇利島大橋だけ自転車で往復して、その後「210kmレースコース体験ドライブ」をしてきました。

Simg_3269

西側の海岸線沿いは平坦でしたが、与那から県道2号線に入ると・・・まさにヤンバルの森の中を、永遠に続くと思われる坂道が続き、もちろん下り坂もあるにはあるけど、進めども進めども上り坂しかない。。。

Simg_3281_2

Simg_3278_3

両側は、やんばるの森 独特の植生の樹々の景色だけで、どこまで行っても抜けられないような感じで、拘禁症状が出そうな気持ちになりました。せっかくここまで来たしと小雨降る中を沖縄本島最北端の辺戸岬へ寄ってきました。記念碑があるので、何だろう?と思って近寄ると「祖国復帰闘争碑」でした。

浅間の鬼押出しの景色のような黒い軽石様の火山岩が続く岬の先に、荒波が押し寄せては白いしぶきをあげる、そんな景色の中にポツンと立っている碑は雨が降っていた事もあり、何とも重い雰囲気でした。

この日本に一番近い場所で、復帰を願う人達はかがり火を焚いて、与論島の人達も同じくかがり火を焚いて呼応しあったという事です。

 2回目の普久川ダムを抜けて、東側の海岸に出ても、まだやんばるの森
ようやく平地が見えたかと思うと羽地ダムに続く壁のような上り坂。 「日本一過酷なロードレース」と言われる理由がよく理解出来ました。

こんなルートを5〜6時間で走破する選手、仲間の友人達を改めて凄い!と思います。

 50kmコースの美ら海や、今帰仁の坂を「坂」と言うては罰が当たりそうです。あれは、平地が少しふくらんだ場所。ましてや逢坂山や九条山は、坂のうちには入らないとよくわかりました。来年の沖縄に向けて、真面目に坂の練習をしたいと思います。

| Comments (0) | TrackBack (0)