おべべ

April 12, 2017

京おどり 2017

Simg_3329_3

Simg_3332_3

桜とおどりで始まる京都の春

毎年留学生か友人と一緒に行く京おどりですが、今年は久しぶりに夫婦二人だけです
いつも花傳さんにお世話になりありがとうございました。今年は竹本のお母さんも含め、三人官女の写真をパチり。
今年はいつまでも寒かったので、桜が4月10日を過ぎても残っていて、春を満喫できました

S

今年からは年配の地方さんは出演しなくてもいいと組合からお達しがでたそうで、舞台の両床にずらっと黒紋付の地方の芸妓さんが並ぶ光景がなくなり、お芝居の途中に録音したものが流れたり、ちょっと寂しい感じがしました。でも囃子方を務める芸妓ちゃん達がずらっと下手の床にならび、ピーッと菊乃ちゃんの笛をはじめ、なかなか達者なお囃子を楽しませて頂きました。

Simg_3377_2

Simg_3384_2

舞台がはねて、川端沿いの桜を見ながら、ご飯食べに出かけ、帰り道ももう一度夜桜を眺めにぶらぶらと鴨川沿いを歩きました
夜桜ってどうして、こんなに妖しいんでしょうねえ。心の奥底に無意識に抱えている欲望やあさましい気持ちを引き出される様な、何とも不安な気持ちにさせられます
高瀬川沿いの満開の桜と、満月の朧月
とてもきれいで、とても妖しい、春の夜でした

| Comments (0)

February 25, 2017

柳美会 新年会

Simg_2295

もうすぐお雛さんやというのに、柳美会は今日が新年会

例年2月初旬なのですが、今年は少し遅くなりました
到着順に受付けでくじを引いて、演奏順を決めます。私は15番、出来れば最初の方に済ませて気楽になりたかったけど、くじなので仕方ないです。

Simg_2315

唄は「木枯らしの」、糸は きちひろさんの「宵明り」です。
昨秋の柳美会で稽古不足できちひろさんに大迷惑をかけたので、今回はツボを外さない事を最優先課題に必死に泥縄の毎日でした。前弾きの「ツツト ズトツツ ツツツツトン」 でツボ外すと唄が入りづらくなるので、緊張して弾き始めましたが何とか外れる事なく、唄

Simg_2369

い始めはってからもリズムも間延びしたり速くなることもなく弾けてよかった〜!
きちひろさんからも、「ツボ外れんとすみましたやん、よかった。ホンマに本番に強いなあ〜」と言われましたが、本番に強いのではなくて、いっつも本番前の数日間に必死で泥縄してるだけなのです。普段から毎日きちんと稽古したらええんですが、なかなか言い訳がいっぱいあって出来ません(笑)
今回のおべべは、紅花紬にお雛さんの帯。
毎年柳美会新年会には、この帯を締めているのですが、きちひろさんに「塩瀬の帯は3月からでっせ、まあお雛さんやしええけど」と言われ、初めて塩瀬の帯は2月に早いと知りました。
お雛さんの柄でも旧節句まで締めたらええと教えてもらい、来月にも、お雛さんに登場してもらおうと思います。
さて、来月12日は関西小唄連盟の弥生会で、「喜撰法師」を唄わしてもらいます。調子もよくてセリフも面白い大好きな唄ですが、大きな会では唄った事がないので舞台で唄うのが楽しみです
昨年の大失態の雪辱に、今年はきちんと唄います! 

| Comments (0)

January 09, 2017

新年会

Simg_2138

Simg_2180

新年会の記事は、私個人の着物の記録のために書いています
後で写真を見て、あ〜〜〜っ去年と同じ着物を着てた!と叫ばないために
今年は、紺色の付下げに去年と同じ帯です。この付下げは、キリッとした雰囲気を出したい時にもってこいの便利な着物です。ただ縦の模様を揃えて着付けねばならぬので、着慣れていない私にはちょっと大変です。帯も久しぶりに袋帯を結んだので、恥ずかしながら二重太鼓の結び方を忘れかけていて四苦八苦しました。
今年の新年会の出し物は、ジャズライブで、この新年会のためにスペシャルユニットを組んで頂き素晴らしい演奏を楽しませて頂きました

| Comments (0)

November 20, 2016

柳美会 2016

S_20161120_8_59_37

S_20161120_11_53_59

15日にツールド沖縄から帰ってきて、17日に大さらい、20日に本番でどうなることかと思いましたが、何とか無事に柳美会を終える事ができました。
唄「二年越し」は木屋町のお稽古場の皆さんに「お稽古の時より、うんとよかったよ」と言うて頂けるほどに唄えたのですが、、二部の三味線「ほうっといて」は稽古不足が如実にでて、きちひろさんに迷惑をかけてしまいました。新年会には、しっかり稽古して雪辱したいと思います。自転車も小唄も、稽古以上の事は、本番では出来ませんね。

S_20161120_14_36_51

今年も柳師会の長老 柳 美代恵師匠が応援出演してくれはりました。美代恵師匠は何と御歳105歳になられるのですが、凛として三味線を暗譜で弾かれます。高齢になられると耳が遠くなり調子がずれる師匠も他派にはおられるのですが、美代恵師匠は全く調子も音程もずれることなく、きっちりと演奏され神業のようです。また美代恵師匠の最古参のお弟子さんは95歳で目がご不自由なのですが、背筋をピンと伸ばしてよく通る声で唄われ、御二人合わせて200歳にはとても見えず、芸に終わりはなく精進あるのみなのですね。

S_20161120_16_46_13

S_20161120_16_48_38_2

二部の終わりには、柳師会の師匠が唄われて、古美糸乃師匠の「浮き世さらさら」、古代和加師匠の「木枯らし」

滅多に聞く機会のない古代和加師匠の艶のあるお声を聞かせて頂き嬉しかったです。

S_20161120_16_52_07

S_20161120_16_54_07

そして締めは家元の「梅にうぐいす」

三三七拍子で打って終演

もっともっと精進せなアカンと思うた柳美会でした


| Comments (0)

October 02, 2016

自転車 のち 柳和会

S_20161002_8_47_04

9月中旬からずーっと雨続きで、全く自転車に乗れず、かなりハードスケジュールになると覚悟の上で、今日は朝から草津まで大急ぎで往復36.5km走る
しばらく乗ってないので、逢坂山を越えるのに息切れがしてしまう、情けない。
帰帆島北橋あたりで、ようやく少しは脚が回るけど、やはりすぐに息切れしてしまう。
10時には帰宅しないと間に合わないので、烏丸半島目前で引き返す

S_20161002_12_11_53

大急ぎでシャワーして、おべべを着て、髪結いさんへGO
そのままギオンコーナーへ行こうと思ったけど、ちょっと小腹が空いたので、祇園中谷さんで軽くサンドイッチとコーヒーを頂く
中谷さんのサンドイッチは、楽屋見舞いで頂くばかりで、お店で食べるのは実は初めて。やはりサンドイッチは出来たてを頂くのが美味しいな。

S_20161002_13_51_52

花見小路の観光客をかき分けてギオンコーナーにたどりつき、楽屋で順番待って、家元におさらいしてもろてから、客席で古美糸乃師匠社中の皆さんのを聞かしてもらいました。小梅ちゃん、すっかりお姉さんになって上手にお夏唄うてはりました。
さて、うちの出番になって誰かに写真撮ってもらおうと思うたけど、お願いする人が見当たらず、今回は写真なし
弥生会の失態を繰り返さない様に今回はしっかりとお稽古したので「河庄」はちゃんと唄えました。今回音響が以前と少し変わっていて、自分の声がえらいきれいに聞こえたので、上手くなった気分で気持ちよく唄えて楽しかった。

S_20161002_17_51_06

S_20161002_21_07_03

今日のおべべは、袷の小紋の反物を単衣仕立てにしたものに、塩瀬の菊の帯
2年前にこさえたおべべがようやく活躍出来てよかった。写真ではグレーに見えますが、きれいな水色の小紋です
早朝から夕方までハードな1日のご褒美は、「まんさくの花 Y」

お疲れさんどした〜!!!

| Comments (0)

August 21, 2016

雲ヶ畑自主練 のち おべべ

S_20160821_8_38_04

今朝も早起きして雲ヶ畑に登ってきました。
昨日、今日とレースイベント等があるので、ステラの仲間は誰もいなかったけど、老夫婦2人で自主練
7月31日から、今回で4週連続で雲ヶ畑に上がりました。暑い夏に毎週練習したのは、実は自転車歴5年目にして初めてなんです。

距離も強度も自転車仲間に比べられない位 微々たるものだけど、自分自身を褒めてやろうと思います。
暑い中 よく頑張りました!
出来れば、今月中にもう1回は雲ヶ畑に上がって記録更新したい!

S_20160821_18_22_06

S_20160821_19_14_11

夕方は、おべべに着替えてお出かけ
今年新調して、まだ一度しか手を通していない絹紅梅のゆかたです。やっぱり絹紅梅のゆかたのシャリ感、透け感だーい好き!
薄物の小紋よりもカジュアルな位置づけになりますが、粋という意味では上じゃないでしょうか。
髪結いさんに行く時間がなかったので、自分でまとめた不細工な頭です。扇子は大好きなスイカ柄
バッグは、エコアンダリヤを編んで裏布を縫い付けたお手製バッグ。軽くて持ち易くてお洒落でと、自画自賛しています
このバッグの作り方は、別に記事にしてアップします

| Comments (0)

July 16, 2016

宵山

S_20160716_17_24_56_4

いや〜凄い人でした

今年は、宵山・山鉾巡行が週末に重なっていたので鉾町には近づくまいと決めていたのですが、DAIJOさんが16日にキャンセルがありどうですかと声かけて頂いたので、出かける事にしました。

通常の時間では子供連れで帰るのは危険なので、17時頃から食事開始にしたのですが、予想を超える人でした
まず、地下鉄御池で烏丸線に乗るのが大変。身動きが全く取れず、学生時代の通学以来の経験です。
次に、四条駅に降りてから、歩くのが一苦労
錦通りは西行き一方通行、新町は南行き一方通行、等々歩行者の流れが一方通行に規制されていて、これまた地下鉄と同じすし詰め状態で、動けません

S_20160717_15_13_38_4

ようやくDAIJOさんにたどり着き、放下鉾のお囃子を聞きながら美味しいご馳走を頂きました。

孫達が「めーん!」
「ちゅるちゅる〜!」
と催促して、あット言う間に完食した美味しいボルチーニ茸のパスタの写真を撮り忘れてしまい、残念無念・・・
いつもなら、ごちそうさまとお腹いっぱい、幸せ気分でゆっくり帰れるのに、今日は、駅までたどり着くのが、往路以上に本当に大変でした。

S_5

S_20160716_20_08_37_5

4年前にキャスリンと宵山に来たときは、こんなに大変ではなかったのに、やはり週末が重なるとえらい事になるんやなあ〜としみじみ思いました。

友人に毎年差し上げる粽も、人が多過ぎて買う事が出来ず、後祭でゆっくり買おうと思います

週末に重なった宵山・宵々山には行くもんやおへん!

| Comments (0)

May 05, 2016

小扇ちゃんと藤の帯

S_20160505_22_00_38

今日は、過密スケジュールの日

雲ヶ畑自主練から帰って来て、髪結いさんに急いで行ってセットして、家に帰っておべべに着替えて、小扇ちゃんとご飯食べ
実は昨年、小扇ちゃんが清元の名取りになった時に「お祝いにご飯食べしよね」と約束したまま年を越してしまい、とうとう先月の京おどりの足洗いとお誕生日祝いと全部一緒になってしまいました。
いつもお世話になっているラマージュさんで、美味しいフレンチに特製誕生日ケーキまで作って頂いて、5月生まれの小扇ちゃんと私で合同誕生祝いしました。

S_20160505_17_37_22

今日のおべべは、袷の反物を単衣仕立てにしてもらった七宝柄の小紋に、藤の花の染め帯です。

奇しくも、小扇ちゃんちゃんも刺繍の藤の花の帯でした。

着物や帯は、ほんの一瞬しか着る機会のないものも多いのですが、季節を楽しめるという意味で、洋服よりははるかに贅沢品ですね。

| Comments (0)

April 02, 2016

京おどり

S_20160402_15_40_30

S_20160402_15_49_41

京おどり初日どした
今年は桜が例年より遅めに咲いたので、初日はまさに満開の桜で有難い事です

京おどりは、数年前やったか演出の先生が代わらはってから、ガラッと出し物が変わり「けったいになって…」と言わはる年輩の方々もいはりますが、
今年の出しもんなんかは、宝塚のええとこ取りした斬新な演目と、伝統的なしっとりした演目があってええんちゃうんとうちは思うてます。

花はみーやーがーわ

花はみーやーがーわ
よーいよいよい
京おーどーりー

やっぱり宮川音頭聞かんと春を迎えた気がしまへん

東京からわざわざ見にきとくれやしたMご夫妻おおきに。京都の春を楽しんで頂けたら幸いどす

| Comments (0)

January 11, 2016

新年会

Simg_1609

Simg_1649

11日は仕事関係の恒例の新年会でした。盛装する必要はないのですが、この新年会と事始めの時くらいしか二重太鼓を結ぶ機会がないので、帯結びを忘れないために?毎年付下げ&袋帯で出かけます。

 今日は綸子の地模様がむら雲のような薄いグレーの付下げに、娘の袋帯を拝借してきました。久しく二重太鼓を結んでいないので、時間かかるだろうなと早めに着付けを始めたら、頭より手の方が覚えがよいのか、普段の名古屋帯を結ぶ要領でさっさと結べて、シワも無く、柄合わせもピタッと決まって仕上がりました。
 

Simg_1634

Simg_1643

今年の新年会の余興は、テノール矢野勇志・ソプラノ納谷知佐・ピアノ和田知子の3氏によるコンサートで、乾杯の挨拶が終ると同時に椿姫 乾杯の歌が鳴り響き、シャンパングラスを持っ

Simg_1636_2

た納谷さんが唄いながら入場してこられるという、これまでの新年会のコンサートにはなかった意外な面白い演出でした。クラシックの歌曲で退屈かなと予想していたのとは大違いのジャズ喫茶でジャズを楽しむ様に、すぐそばで歌を楽しませて頂きました。
間近で聞く、オペラ歌手の方の声量と音質は、舞台などで聞くのとは全く違い、これだけの音が人間の身体から発する事が出来るのか驚いてしまい

S_20160111_18_02_36

ました。オペラ歌曲だけではなく、日本の唱歌、アナと雪の女王 主題歌、ポップスなど多岐にわたる歌を聴かせて頂き、生きるエネルギーを分けて頂き、とても幸せな気分になりました。納谷さんが歌われた「涙そうそう」はとても素敵だったのですが「この迫力で唄われたら、亡くなった人もこんな所で寝てられん!と飛び起きて黄泉の国から戻ってきはりそうやなあ〜」と夫につぶやいてしまい、大笑いされました。
 私は、広報担当理事をしておりますので、毎年こうして着物でカメラマンをします。といっても撮影技術がちっとも進歩しないので、着物で「立ちしゃがみ」の練習しているだけのようなものです。
 クラシック歌手の皆様から頂いた元気で、今年は素敵なスタートになりました。

| Comments (0)

より以前の記事一覧