季節・自然

February 03, 2018

節分

S27540548_2024867584207016_64644922

鬼は外
福は内
今年は息子家族が、この枡を使って豆まきをしてくれました
皆さまをお騒がせしたパーティーから早や10年
今年は40th Anniversaryになります
30周年の時は自転車に乗っておらず、自転車仲間も皆無でした
新たなお友達と40周年パーティーしようっかな?

| Comments (0)

January 21, 2018

耐寒訓練ゴルフ

S26907257_2009659619061146_28469626

S26804767_2009659625727812_38373421

さ~ぶ~い~~~!!!
寒い冬に自転車乗るなんてcrazyですが、こんなゲレンデみたいな状態でゴルフするのもcrazy

スタート7時半なので、朝5時起床、外は真っ暗。家を出る時もまだ夜明け前。
ティーグラウンドは凍ってて、ティーが挿せないし、グリーンは霜でボールが雪だるまになるし・・・
ようやく昇ってきた朝陽で逆光でボールは全く見えないし・・・
なかなか困難なゴルフです

叙勲を受けはる先達の皆様の体力・気力は我々凡人とは、やっぱり格が違います。昔々にM先生に「といつまでもT先生付き合うてたら身体こわすで・・・」と言われたのが、今になってしみじみとわかります(笑)

S26805215_2009659679061140_52823843

耐寒訓練頑張ったご褒美に、山村さんのお肉を焼いて、サンテミリオンのワインで夫婦慰労会
ステーキは割と上手に焼けるようになったつもりでしたが、1人前170g近いぶ厚い肉は、焼くのが少し難しかったです

fried garlic は、もちろん自家製。むかーし昔、葵さんのシェフ楠本さんに教えてもらったやり方で、カラッと仕上げました。

| Comments (0)

January 07, 2018

三井寺往復ウォーキング

Photo

Simg_1663_2

三が日から今日まで、全く動いてなかったので、今日は三井寺往復ウォーキング

去年は三井寺の境内を逆方向?に参拝したので、今日は三尾神社を詣った後で、仁王門から入り参拝してきました。三尾明神が卯の年、卯の日、卯の刻、卯の方より現れたので卯が神様のお使いとされているそうです。と言う事は、卯年生まれの夫は、神様の使者? !

Simg_1670

Simg_1672

正門から入って、今年も「三井の晩鐘」を2人で撞きました。今年は2人で声掛け合ったのに、なぜか力の入れ具合のタイミングが合わず、ぼわ〜〜〜んと情けない音になりましたが、それでも、鐘楼の中で聞く余韻は格別です。

三が日を過ぎていたので人も少なく歩きやすかったです。昨年は通り過ぎていた唐院へも廻り、冬の澄んだ空気ので、三重塔が凛々しく見えました。

Simg_1675

Simg_1676

その後、可愛らしい童地蔵や、南無童観音菩薩に頭を下げながら、西国十四番札所観音堂へ。

途中、これまた去年見逃していた「十八明神社」という面白い祠を発見。太平記の時代に延暦寺と軋轢があったそうで、この祠は延暦寺を向いて建てられているそうで、試しに祠を背にして階段に立ってみると、確かに比叡山が真正面に見えました。呪う相手を見据えて祠があるとは何ともおどろおどろしいというか、怨念の深さにちょっと寒気を感じました。

Simg_1679

観音堂で、家内安全の線香をあげてから、ゆっくりと琵琶湖一望

今日は空気が澄んでいて、琵琶湖大橋から比良山、比叡山ときれいに見る事ができました。帰りも小関越えで京都市内まで戻りましたが、気温が低かったせいか、大した距離でもないのに全身筋肉痛で、我ながら情けなかったです。今度は、桜の季節に、また歩いて訪れる予定です

| Comments (0)

January 02, 2018

明けましておめでとうございます

S_20180103_10_20_11

Simg_2953

明けましておめでとうございます
皆様お健やかに新年お迎えのことと存じます
今年もどうぞよろしくお付合いの下さいますようお願い申し上げます
昨年は認知症の両親の入所転所等で慌ただしい年末年始でしたが、今年は両親も無事にそれぞれの場所でゆっくりと新年を迎えています。

Simg_2954

S

今年も和のおせちは手作りで、洋のおせちはラマージュさんとDaijoさんで、家族みなでワイワイと賑やかに頂きました。
我が家のおせちに欠かせないのは鯛の子(助子)の煮付け。

Simg_2962

年々値が上がりして、今年はちょっと量をケチったので私自身の口にほとんど入らず、来年は高くてももう少し多めに炊こう思います。栗きんとんも、例年より少し固めに仕上がったので、売れ行きがイマイチでした。子供達の舌は敏感ですね
ほんの少し前まで赤ちゃんだった孫達も成長して一人前にあれこれ食べる様になり、退屈すると遊びたくなり、今年はラマージュさんのおせちに美味しいロールケーキが入っていたので「このケーキ食べたかったら***食べよう」と時間稼ぎしたり、ああ大変。大人達のゆっくりお酒タイムは消滅してしまいました。おまけに足元には、仔犬のルークがウロウロするので「ややこしいったらありゃしない」(笑)
まだまだ数年は「お酒タイム」、子供が寝入った後でした出来そうにありません
どうか平和な一年になりますように。

| Comments (0)

December 30, 2017

学生時代はいつまでも

Simg_1612

Simg_1611

大学時代の仲良しとの忘年会
学年はバラバラだけどかれこれ40年近くの付合いになる長い付合いの大事なお友達

最近は「安否確認&忘年会」と連絡し合ってます。皆んな脳血管障害・悪性疾患等々 いつ何があってもおかしくない年齢になりましたからね
今年はハンター坂の「リストランテハナタニ」で美味しいイタリアンでした。
今年もAさん持参の美味しいワインをご馳走になりました。普段安いワインしか飲まない(飲めない)私にとって、1年に1度の贅沢なワインです。
18時に開始したのに、おしゃべりに夢中になっていたら、あっという間に22時近くになり、自宅に帰るのは終電になってしまいました。
来年もどうか、皆んな健康で集まれます様に!

| Comments (0)

December 23, 2017

Merry Christmas♪

Simg_1559

Simg_1499_2

ちょっと贅沢して、家族みんなでDaijoさんで食事を楽しませて頂きました

いつも孫達に特別に可愛いデザートを用意してくれはるDaijoさんに、私もクリスマスらしい御礼をと思い、今年はワインボトルカバーと靴下のエコタワシを編みました。
Daijoさんが実物以上に素敵な写真を撮影してくれはりました。

S_20171224_8_59_38

Photo_2

料理の最後は大人とは別に子供達には、チョコかけのトナカイさんが出て来て、孫達は歓声をあげていました。去年は雪だるまのサンタさんでした。

食べるのがもったいないような可愛いトナカイさんも、あっという間にチビさん達のお腹におさまってしまいました。
Daijoさん、素敵な時間と美味しい食事を有り難うございました

| Comments (0)

November 26, 2017

紅葉狩り

Simg_1255

11月は毎年、自転車と小唄に追われて、紅葉を楽しむ余裕もなく過ぎてしまい、「あ〜今年も紅葉見ずに師走になってしもた・・・」と思うて年の瀬と迎えるのですが、今日は思いがけなく長命寺の紅葉を楽しんできました。

何ヶ月ぶりかで何の予定もない日曜日だったので、昨夜の炊き込みご飯をおにぎりにして、卵焼きと詰めて、行き先も決めずに車で琵琶湖向いてGO!

Simg_1269

Simg_1259

帰帆島の駐車場で、外は寒いしと琵琶湖眺めながらお弁当を食べて、先日自転車で走って見つけて買った近江八幡の「井上農園」さんのお米が美味しかったので買いに行こうと近江八幡まで走りました。(ロードバイクでお米は持って帰れず、宅配をお願いしたのですが、おばあちゃまが、ロードバイクをご存じなくて、”自転車なら積んで帰れるやろ、宅配代もったいない”と言い張ってくれはって、とても可愛いおばあちゃまでした)

Simg_1260

Simg_1270

目的のお米を手に入れて、さて真っ直ぐ帰ると運動不足になるし、長命寺の階段上がろうか?と長命寺に寄りました。
紅葉は終わりかなと思っていたのですが、真っ赤な紅葉が残っていて楽しむことが出来ました。鐘楼へも上がり、お賽銭あげて鐘を撞かせてもらい、色づいた紅葉を眼下に見ながら鐘の余韻を鐘楼内でゆっくりと聞く事ができ本当に幸せなひとときを過ごしてきました

Simg_1271

今年 最初で最後の紅葉狩り
何の予定も目的もなく、ゆったりと夫と2人で過ごせた幸せな1日でした

| Comments (0)

September 19, 2017

初めての宮古島 3日目 池間島

Simg_0444

Simg_04751

3泊4日の宮古島旅行で、走れる最終日
今日は、池間島目指して走り始めました。

出発時間は昨日と変わらないのに、気温が高いなあと思いつつ、宮古島の陽射しと気温をなめてたと気付くのは、帰り道・・・(涙
ホテルから宮古島中央を抜けて池間島へ行くルートもあったのですが、海岸沿いに走りたかったので、昨日と同じ様に市街地に入り、宮古神社から83号線〜230号線と走りました。昨日の徘徊騒ぎで懲りたので、道中何度も地図を確認しながらのサイクリングです。
230号線に入ると一本道なのですが、自販機なし、コンビニなし、建物も何もないので、日陰で休憩したくても陽を遮る場所もなし・・・

Simg_0450

暑いし、しんどいし、休みたいよ〜と思いつつ、ようやく見つけた路肩の樹のわずかの影に身体を入れて休憩。走り慣れた琵琶湖岸は、建物がないけど、それなりに大きな樹があって影で身を休めるのですが、230号線沿いには何にもない!手持ちのスナックかじって水分補給して、雪塩アイスを目標にGO!  
知らぬ土地を走る時は、ボトル2本以上&補給食を余分に持たねばならぬと身に染みてわかりました(涙
そんなん当り前の事やん! と叱られそうですが・・・

Simg_0447

Simg_0449

ようやく海が見え、道路標識が見え、どれだけホッとしたか・
とにかく涼しい所で休憩したかったので、雪塩製塩所に入り、雪塩ソフトを食べました。
疲れて脱水だったせいかもしれないけれど塩味のソフトクリーム美味しかった!!!
トッピングに唐辛子があると昨日のタクシーの運転手さんから聞いていたので試してみようと思ったら、9種類もの雪塩トッピングがありました。好奇心の強い私は、全てを少しずつ試してみましたが、結局何もないのが一番美味しかったです。

Simg_0453

Simg_0454

雪塩ソフトで元気を取り戻して、西平安名崎に向かいました。途中、宮古馬牧場がありました。どの馬も、肋骨や骨盤の骨が浮き出ていて、ちょっと心配になりました。
西平安名崎からの景色は、少し荒々しい岸壁と透明度の高いダーコイズブルーの海の対比が下地島北西の浜とは違った美しさで見とれていました。

Simg_04631

Simg_0471

西平安名崎の展望台に自転車を置いて上がると、池間島、大神島だけでなく、昨日行った伊良部島も見えて、暑さもしんどさも吹っ飛んでしまう素晴らしい眺めでした

西平安名崎から今度は池間大橋を渡り、池間島に到着。
帰途の体力残すためにピンポンダッシュで戻りました。

Simg_04851

Simg_0486

帰りの池間大橋から、大神島をゆっくりと眺めることが出来ました。大神島の周りだけ海の色が変わり、リーフの境の波が立って、昨夜、ドクターゴンから聞いた大神島のタブーや伝説のそのままに海に結界が張られているように思えました

池間島からの帰りに再度 雪塩製塩所に寄って、パンや大福を食べて、飲料を補給してホテル目指して走りました。気温はさらに上がってきて、唯一むきだしの脚が陽射しで痛く感じるほどになりつつ走り、これなら8月に

Simg_0497

Simg_04791_2

琵琶湖周辺走れたよなあ~と思ったくらいです。
ヨレヨレになって、ホテルまで戻り、明日は帰洛なのでホテルフロントの預け場所で自転車をバラして輪行バッグに詰めてから帰室

本日の走行距離57km
(暑さと補給ミスで80km位は走った気分・・・)


Simg_0488

Scb1448295dfb4a2c9847edc0cc75444a

汗を流してから、友人Kさん、ドクターゴンお勧めの「ビストロピエロ」さんで
心こもった丁寧に作られた料理を美味しくいただきました
唯一の難点は、宮古島はどこも同じなのですが、美味しいレストランなのに店内喫煙可なこと。隣の席からタバコの煙が流れてくると、美味しい料理もワインも全て台無しになってしまうので、店内禁煙にしてくれはったらいいのになあと思います

しっかり走って、しっかり食べて飲んで、大満足!
宮古島最高です

| Comments (0)

September 18, 2017

初めての宮古島 2日目 伊良部島

Simg_0360

Simg_0369

宮古島2日目

今日は伊良部島・下地島一周を目指してGO!
宮古島まもる君があちこちに立っていて、どれも宮古島弁(実は、集落によって言葉が違うそうですが)で標語が書いてあるので面白いです。
ホテルを出て昨夜タクシーで通った市街地までの道を走りながら、伊良部大橋へ

Simg_0392

S_20170918_10_30_49

無料で渡れる日本最長3540mの橋です。先日欄干から転落事故があったばかりなので、出発前に友人達から欄干越えしないように冗談で釘をさされました。
渡ってみると、確かに長いです。途中から勾配がきつくなり、遠くから見ると登れるのかなと一瞬心配になりましたが近づいてみると予想した程ではなく5%ほどの勾配でした。
橋の上から見る海は本当に見事です。伊良部島の浜が見えてくると無意識に歓声をあげてしまい、自転車降りて写真を撮りました。でも、この海のきれいさは、まだまだ序章だったんです。

Simg_0404

S_20170918_11_19_02

本来の予定ルートは、伊良部大橋→渡口の浜→佐和田の浜→下地島に渡って→通り池→下地島空港北側→佐和田の浜→伊良部島東側をまわって一周

だったのですが、渡口の浜から下地島に行く道を間違えて、はっと気付いたら佐和田の浜に着いてしまっていました。渡口の浜も佐和田の浜も、期待していたほどはきれいな光景ではなく少し残念でした。

Simg_0411

Simg_0409

さて、ここから伊良部島の東へ行ってしまうか、下地島に戻るか、どうしようと悩むも、お昼前で2人とも空腹でけんかになりそうなので、まず腹ごしらえしようと、昨夜から行ってみようと予定していた「伊良部そば かめ」へ。少し早めの時間だったので運良く待たずに入れました。店に入るとタイムスリップして昭和40年代に戻った気分になります。お世辞にもきれいとは言えない店内で待つ事しばし、「かめそば」が運ばれてきました。手作りゆし豆腐、軟骨ソーキ、三枚肉が入っています。昨夜のタクシーの運転手さんが、伊

S_20170918_11_48_23

良部そばは、うどんに近いよと教えてくれましたが、確かに沖縄のソーキそばよりも細めでつるんとしています。出汁があっさりとして美味しく、汗をかいていたせいもあって、飲み干してしまいました。元気を取り戻したところで、やはり下地島に行こうと道を戻り、県道90号線から橋を渡って下地島に入りました。下地島の南側は行けども行けどもサトウキビ畑ばかりで、海も見えず、暑さもあって少しイヤになりつつひたすら通り池めざして走りました。

Simg_0416

Simg_0417

通り池までは、自転車を置いて歩かねばならず、屋台を出していたオジサンが見といてあげるよと親切に声かけてくれはり、お願いして歩いて行きました。
いや〜、ここはきれいと言うのだけではない、何とも不思議な場所です。洞窟で海に通じている2つの大きな池が向かい合っているのですが、周囲は浅間山の鬼押出しを思わせる黒い岩が連なり、そこにぽつんと大きな池。その池の水の色は深い緑と群青色で伝説が生まれても不思議ではない光景でした。

Simg_0419

S_20170918_14_25_06

通り池を過ぎて、下地島空港北の浜を目指して走り、視界の端に見えて来た浜のなんときれいなこと! 昨日来間島の浜がきれいと感激しましたが、この浜の輝きには勝てません。キラキラ輝く海を見ながら、孫達を連れて来てやりたいと孫達にビデオメッセージを送ってしまいました。
去り難い気持ちを絶って、再度佐和田の浜を見ながら伊良部島に渡り、白鳥岬を経て伊良部島東海岸沿いに走りました。
伊良部島の東側は西側とはうってかわった風景で、荒々しく切り立った岸で道のアップダウンもあり、気温も上がりやや熱中症になりながら走りました。このまま伊

S_20170918_16_05_42

良部大橋まで行けると思っていたのに、佐良港に着いてしまい、道を尋ねたら、「あそこのキツい坂を上がって左に行ったら大橋」と指差されました。どうみても10%超える坂を上がる気力なく、押して上がったらやはり11−12%の勾配でした。
休憩したくても、店も自販機もなく、とにかく宮古島まで戻らなくてはと伊良部大橋を渡って宮古島まで戻りました。
宮古島に入ってから、ようやく見つけたコンビニでアイスクリーム休憩
本日の走行距離約69km
お疲れさま、私

| Comments (0)

August 07, 2017

七夕香 (星合香・白雨香)

Simg_4650

Simg_4648

とっても優雅な落ち着いた時間と空間に身をゆだねてきました
外は台風で大雨・暴風警報が出ていると言うのに、香席の部屋は雨音も聞こえず、しんと静まりかえり別世界でした。
床の間には七夕香のための特別な飾りがしてあります
笹の葉、お供え物、糸巻、箏、そして梶の葉
糸巻きと箏は特別に作成してもらったものだそうで、お琴はちゃんと弾くと音がなるようになっています。
七夕香の飾り物で一番大事なのは「梶の葉」
短冊に願い事を書くのは最近の話で、奈良時代の頃から、里芋の葉に溜まったつゆで墨をすり、梶の葉の裏に和歌をしたためて祀っていたそうです。最近は梶の葉がなかなか見つからず、円山公園の長楽館の近くまで探しに行ってきたのよ、と主催(亭主)のそのさんが言われてました。
無知無学な私は、この席で初めて「梶の葉」の本物を見て、由来を知った次第で本当に恥ずかしい限りです。

Simg_0195

Simg_0196

今日は、亭主のそのさんを含め、6人で「星合香」「白雨香」の組み香です。

「星合香」の灰手前は、もとさん、執筆は、そのさん
まず「牽牛」の香を聞き、その後で「織女」の香を聞きます。

Simg_4637_2

Simg_4644_2

聞香は「三息」 

三度しか聞く事は許されず、吸った息はそっと下座(私の場合 左側)に吐き出します。(床の間の前の正客のみ右側へ) 
一つの香を3回聞いて記憶せよと言われても、この2つだけでも、どう違うのか、どうやって記憶しておこうかと混乱してしまいます。
香りの記憶というのは本当に難しいです
普段慣れている香りなら、微妙な差も判るのでしょうが、非常に淡い繊細な香が今回で2回目の私には差異がわかりません。鼻腔の奥に残った甘さ・苦さを頼りに、これが牽牛かなと思っては、次の香を聞いて迷ってしまったりしました。

Simg_4647_2

この後、7つの香を順に聞いていき、何番目が牽牛か織女かを記紙に書いて提出します。
書くのは机の上に置いてではなく、手にもって細筆で書くのですが、これまた私には困難な作業です。
盆に順に記紙をのせて回していき、皆のが執筆の方の所で揃った所で、開封し、答えを大きな記録紙に書きます。
星合香の答え合わせの時に、私は牽牛と織女の香を逆に記憶していた事がわかり、茫然自失・・・

Simg_4654_5

最高得点の人が、この記録紙を頂き持ち帰る事が出来ます。
星合香は、ちよさん、白雨香は、はるみさんが最高点でした。
星合香が終わり、休憩かな?と思ったのは私の浅はかさで、すぐに続いて白雨香
「白雨香」の灰手前は、はるみさん、執筆はのりさん
白雨香は星合香とは、違った当て物というかクイズで
次に、雨を試香し、雨2包雷3包を繰ってその中から3つを焚き聞香します。最初は、日、雲を試香し、灰手前の人が日・雲の香を2包ずつ繰った順に焚き、連衆は聞香する4つの香を日・雲どちらかを書きます。日日雲雲 あるいは 雲日日雲のように
つまり聞香の時には、試香していない雷ばかり3つ聞くかもしれないし、雨2つ雷ひとつかもしれない。
手記録には、日・雲・雨・雷を自分がこれと思った通りにその名を書いていきます。
正直、私はさっぱり判りませんでした。
組香2つで3時間近くかかり、少々くたびれた私に、さらなる難題が!
手元に短冊が配られて、短歌を書けと・・・
もちろん手記録と同じ様に、短冊を左手に持ち宙に浮かせた状態で、書かねばなりません。書いた後は、正客から順に読み上げて皆が読み終わったら、笹の葉に片結びで結びつけました。
これで、ようやく七夕香終了です

Simg_4656

Simg_4651

その後は、そのさんが毎年七夕香に出される、おそうめんを頂きました
象彦さんの特製の平鉢に、青竹を入れ、その中におそうめんが入っています
青竹は、日が経つと色が変わるので、七夕香の日に合わせて竹屋さんで切ってもらうそうです。お手間尽くしの美味しい出汁のおそうめんと水羊羹を頂き、初めての香席での緊張も少し和らぎました。
初めての香席でしたが、こんな空間、こんな時間の流れがあるのかと、新鮮で感激しました
次は、年末の「歳暮香」です
それまでに、一度はお稽古に寄せて頂き、香にもっと慣れ親しみたいと思います
日本に生まれてよかったと思ったひとときでした。

| Comments (0)

より以前の記事一覧